中国からのお客様 ビックリ日本のファンの方が遊びに来られました!

中国から超イケメンのお客様が事務所に遊びに来てくれました!なんと「ビックリ日本」のファンの方だそうで、初めての日本への旅行に私たちの事務所に遊びに来てくれました。感謝感謝。

2018中国ファン来日01 みんなでお好み焼きを食べにきました!こちらからご馳走する気だったのに、お会計の時に「あちらの男性が先ほどお支払いをされました」だって!!ビックリ。なんと遠方から来られた方におごってもらいました

2018中国ファン来日02  とってもイケメンで優しい!!紳士です。お水のおかわりとかも、全部やってくださるんですよ~。私の事を「とても気さくでお母さんみたい」と言ってくださったのが、嬉しくも悲しい。。女心(T_T)。2018中国ファン来日04 KINIちゃんSENKAちゃんの身長の1.5倍はありそうな・・・2018中国ファン来日05

なんと事務所で「ビックリ日本」に出演もしてくださいました。謝謝~~本当に楽しかったです。

2018中国ファン来日03

今までのビックリ日本を見ていきたかった場所をスクリーンショットでとってくれていて、今回の旅行では、そこを巡るそうです。次は黒門市場に行くとか。日本を楽しんでもらえたら嬉しいな~~

2018年の目標は「身近なものに目を向ける」「身体を鍛える」「任せる」の3つ

明けましておめでとうございます!ふつつか者ですが、本年もよろしくお願いします!26169992_1677842918904981_6606516660860592335_n

2017年は9つの国と地域を視察旅行しました。海外でビックリし凄い人たちも出会いましたが、一番の収穫は自分の周囲を客観的に見ることができるようになった事だと思います。
今年は改めて地元を見直し、身近にいる凄い人たちとじっくり向き合いたいと思っています。
まずは、うちのスタッフ。社員、アルバイトともに凄いです。私は年上で良かったと思います。私が今、新入社員で入って来たら落ちこぼれ確定かと。
「ちゃんと考えて行動する」が出来る人が多くて感心します。ええ。私考えずに行動しちゃうもので。みんな偉いっ!今年は彼らの1人1人から私自身が学ばせてもらおうと思います。
↓社内の忘年会にて

一時は「自分の得た技術を次の代に伝えなきゃいけない」と焦るあまり変な押し付けになりすぎていました。一番大事なのは「思いっきり任せちゃう」という事なのかなぁと感じています。(すでにそうなっておりますが)そのあたり、奥田副社長をはじめ、リーダー格の組織作りは安心して見ています。

早朝から頑張ってくれてるスタッフの忘年会↓ 女子率高っ!超優秀!

25442840_1668290373193569_103534095606781421_n

そんなこんなで、年末年始は「海外旅行にいったつもりで関西旅行」をテーマに地元関西再発見をしてみました。宿泊はすべてゲストハウス。交通費と宿泊費合計は3泊4日で15000円ぐらいです (^^)

【1日目】大阪 福島聖天通商店街の真ん中んあるゲストハウス ジェイホッパーズ大阪。実は高山のジェイホッパーズは宿泊したことがあるんです!共有スペースが広くて綺麗。周囲にはたくさんのグルメスポットも!なんと自宅からも会社からも徒歩15分ほど。外国人率高し。国際交流のたこ焼きパーティなどもしょっちゅう開催されていて、また行きたいなぁ。

26165738_1676760195679920_396395614056184514_n

【2日目】奈良 まほろば大仏プリン本舗 プリンの森や、花園新温泉などの穴場スポットもめぐりました。その様子はこちら↓ 奈良って面白~い。お宿はDeer Guesthouse 宿泊客の1/3が台湾女子でした。めちゃ古い家を改装したそのままの民家。奈良は朝の散策がオススメです。

【3日目】神戸市灘区のゲストハウスMAYAへ。私が神戸出身という事もあり、ぜひ神戸で年越しをしたかった。ちょうとオプションツアーが充実してめちゃ楽しい年越しを過ごせました その様子がこちら↓

なかなか近所だと「いつでも行ける」「いつでも会える」で実際は行かない。だから知らない事が多いんですよね。という事で今年は関西エリア中心に国内にいる身近にいる「いい所」と「凄い人」に目を向けたいと思います。お付き合いくださいませ。あと頑張って身体を鍛えます!お仕事的には健全な世代交代を目指します。

皆様のお力添えあってのピーキューブ、そして私ですので、今年もよろしくお願いします。

深圳報告その2 スマホ決済&シェア文化 エキサイティングな街 

11月に行った深圳視察の報告第二弾です。こちらは巨大電気街「華強北」海外からの視察?と思われるツアー客も多かったです。一歩ビルに入ると小さなパーツ屋さんがずらりと並び迷路のような感じ。コピー商品を売る違法な店も多いです。
↓ お土産も含め、何一つ買い物はしていない私。。

サムネイル

図45図46

↑ 国の標語?もドローンの形!

01ブログ

図2

さて、「現代中国の産業集積」の著者、伊藤 亜聖さんのプレゼンを聞いて驚いたのは、深圳で一番人口が多いのは20歳~24歳。次に25歳~29歳。つまり20代がめちゃくちゃ多く、65歳以上に至っては2~3%という感じ。
そもそも、人口が少ない漁村に、いきなり街を作ったので急激に外から若者が集まって来たという事ですね。

何か新しい事をするときに反対しがちな40代以上が極端に少ない。「無理 無理」「使い方が分からん!」「いままでやった事ない」 そんな事を言う人が少なくて「とりあえずやってみょう」「失敗したら改善したらいい」そんな声が聞こえる。そして凄い勢いで失敗しては改善が繰り返される街。良くも悪くも。
図41

シェアバイクはMobikeが多かったです。アプリをダウンロードして開くと、地図が現れ、近くにあるバイクが表示されます。アプリでQRコードを読み込んで開錠。30分15円くらいで借りれて乗り捨てOK。なんとすばらしい!この方のブログが分かりやすい。↓

中国のITサービスを体験してみた(その2:自転車シェアリングサービス Mobike )


WeChat Pay「微信支付」の使い方はこちら

中国のITサービスを体験してみた(その1:スマホ決済 WeChat Pay)

図40図42

他にも「シェア傘」「シェアバッテリー」なども。個人情報が全部紐づけされているから、意外と悪い使い方をしないみたい。きちんと使えば利用料金が安くなったりデポジットが不要になったり特典がある。
タクシーのUberだって最初は「素人の運転手なんて危ない」という声もあったけど、利用者も運転手もお互い評価される立場なので、きちんとする。だから凄い勢いで広まった。マレーシアで使ったけど超便利だし、運転手の愛想も良かった。
「悪いことをしたら全部自分に返ってくる」「情けは人の為ならず」という考えは意外にもIT化で加速していると感じます。

図39

↑ ユニークだったのが電話ボックスみたいなカラオケボックス。思いっきり歌って録音もできるみたい。北京でも流行っているそう。(^o^)

図38

↑ 電話ボックス型の英会話教室も発見。なんでも考えるねぇ~「シェア」と「横のつながり」「トライ&エラーで進化」が深圳らしい。

IMG_2851

↑ SEGのYeepingさんには、Wechatpayを使ったゲームを教えてもらいました。決済やワリカン機能、送金など、なんでもスマホでできます。そして、ちょっとした賭け事も教えてもらいました。数人で「賞金」をかけてWeChatのアプリを使ってする「ラッキーマネー」というゲームです。めちゃ盛り上がりましたが、日本では非合法かも(^^;)

図36

↑ 深圳にもユルキャラ?が街をにぎわせていました。デザインもそこそこカワイイのですが、私的には「中の人」の動きがイマイチかなぁ~と感じました。図37

↑ こちらはイベント会場のコスプレ美女たち。コンテストの審査員っぽい感じでした。

図43

↑ 地下鉄も新しくて綺麗です。女性専用車両もあったり。たくさん男性も乗ってましたが。今地下鉄は1~11号線もあり、乗り換えが難しいです。「MetroMan」という乗り換えアプリが便利ですよ。凄い勢いで地下鉄の路線も増えているようです。中国は地下鉄乗るのに改札前で荷物検査があるので鞄にペットボトルをいれっぱなしにしないでくださいね。私も2度ほど怒られました。チェックの機械に通すか、一口飲むとOKです。

図44

↑ しかし、深圳の方、めちゃくちゃ長時間働かれているようでお店でもランチとディナーの間の時間、お店の従業員の方が店内で昼寝をされるみたいです。しかも、お客さんから見える席で。ビックリ深圳。

図3    IMG_2711

↑ 超高層ビルが立ち並ぶ深圳ですが、美しい広々とした公園も街の至る所にあります。インスタ映えする太極拳のポーズをとってくださるおじさまも。

01ブログ2n

流れる川の水も、そこそこ透明で何でも生活用水の再生水を流しているようです。

IMG_2878

↑さて、今回は行きはフェリーで深圳入りしましたが、帰りは「羅湖口岸ルート」で香港入りし、MRTと高速バスで香港空港に行く方法にチャレンジしました。こちらのURLが参考になります。

[羅湖口岸]香港羅湖駅(MTR東鉄線)から上水駅まで行く方法

IMG_2879

↑ 上水駅から香港空港行きのバス。「増強男人能量」のコピーが気になりますが。。バスは快適でWi-Fiと電源が使えます。

IMG_2934

全体的に、街の人たちも、親切で何でも助けてくれました。ゴミも落ちていないし、とてもきれい。「PM2.5がひどいからマスクは持って行った方がいい」と言う方もいらっしゃいますが、前回9月に行った時も含め、1度もマスク使わなかったです。晴れているときは空も青かった。風向きや季節にもよるみたいですが、乾燥している北京や上海より緑も多く感じられる街でした。

中国は広くて、街ごとに個性的です。もちろん違法なサービスや、コピー製品など悪い面はたくさんあるでしょう。ただ、今その中から変化が起こっていると感じます。深圳は若者にはぜひ一度見て欲しい街だと感じました。

凄すぎ!深圳はブッ飛んだ美しい街でした。(その1) 

今年2度目の香港&深圳。予想以上に進化が止まらない街でした!
まずは、こちらをご覧ください!主にGoproで撮影。

スタートアップの街 深圳 Shenzhen
平均年齢は 33.6 歳
0から1を作るのではなく、1を10にするのが得意な街。
横のつながりが強いshareの街
進化のスピードが凄く、トライ&エラーの街
パクリものも多く、成功はそんなに簡単ではないけどヒントに溢れる街。
そして洗練された美しい街でした。

11月10日に香港にまず入り、空港の横にあるフェリー乗り場から直接深圳へ。夜だったのですが、まず、ぶっ飛んだのが深圳の港にあるイミグレのビル!なんとSF映画ばりの凄いデザイン。照明もついたり消えたり色も変わります。(^^;) いきなりビックリです。未知との遭遇か?前回は電車で深圳入りしたのですが、ぜひ夜に深圳入りする人にはフェリーがオススメです。↓図1

IMG_2176IMG_2412

↑ちなみに、香港で買った「香港・中国の両方使える」というsimカードは香港でしか使えず。一緒に行った、ののちゃんは深圳でも使えましたが。深圳に入る時にあちらの電話番号をゲットするのに失敗するとダメみたいです。私はフェリー上でエラーメッセージがずっと来てました。1日目は使えて2日目はダメだったという人も。確率は50%ぐらい。頑張って深圳の電話会社のサービス窓口に電話をかけたり出向いたりしましたが「Go back to Hong Kong!」とつれないお言葉。ちなみに、日本のキャリアの海外ローミングですと、FBやGoogleも使えたそうです。右の写真は、私の宿泊したホテル。電気街のすぐ近くで、ホテルのサイネージがスマホでした。

図7

IMG_2461 IMG_2457

今回は、高須 正和さんが、シェアオフィスや工場などの視察ツアーを組んでくださいました。写真左のネコ耳の方で業界では有名人です!
まず最初に行ったのがJENESIS 。代表の藤岡淳一さん(写真左)に工場を案内していただきました。こちらは部品が多くあつまる深圳の地の利を生かした工場で、さまざまな商品を小ロッドから作って耐久テストなども行っています。一番印象に残った言葉は「製造業でビジネスする時は値切るな」という事。意外でした。シンセンでは10%値切ると部品の品質が30%ダウンしても仕方ないという事らしいです。また日本では8カ月かかるところが、深圳では3か月のスピードで見積もりから納品が済むとか。とにかく横の連携が強いそうです。中国でビジネスをするときの心構えと、注意事項を教えてくださいまして、めちゃくちゃ勉強になりました。

https://www.amazon.co.jp/dp/4844398032/ref=cm_sw_r_tw_api_WeGjAbDV2C8M9  「ハードウェアのシリコンバレー深セン」に学ぶ−これからの製造のトレンドとエコシステム 藤岡 淳一さんの著書。

IMG_2496 GPTempDownload

↑ 白石州美食会にて、Japanese MeetUp。おもしろい人がたくさんいました。経済産業省の若手の方も、自費で視察に来られてました。勉強熱心!

図32

図27

図29

柴火造物中心 x.factory は、新しい製品を生み出すシェア開発工房。木やプラスチックなどを加工して自分たち独自の製品を作り商品化するための工房です。もの作りの企画が通れば、安価でこの施設の最新の機材を一定の期間の間使う事ができ、使い方も教えてもらえるそうです。最新のレーザーカッターやプログラミングで細かい細工ができる電動のこぎりなどのハイテク機器の他、日本の古典的なカンナなどの道具も人気だとか。中国国内だけでなく、海外のチームも利用しているそう。とにかく、施設内がオシャレ!地上は緑いっぱいの公園で地下に広々とした施設が広がります。めちゃくちゃ道に迷いました。まさか公園の下とは!x.factoryのDannyさん、丁寧な解説ありがとうございました!

IMG_2572

図16 図14

さてこちらは、maker faire 深圳 2017の様子。最先端のモノというのはあまりなく、何かの技術に+&されているモノ。軽量化やデザインを面白くしたもの、手軽に使えるものといったアイデア作品がずらり。パクりものも多くありました。センサーや基盤などアリモノのパーツをうまく組み合わせた作品が多いのかな。小さな子供が遊びながら学べる教育関連の作品も多かったです。BooBooPeeの商品の作りたいなぁ~~~

深圳に行ってきた 2017.11(その2: Maker Faire 深圳とJapanese Meetup)


maker faire 深圳はこちらの方のブログがわかりやすいかも。

図6

09A3DD4C-F8E4-4B01-8C78-8B3FC09FDFB7-3935-000002A852A99118_tmp

深圳華強北のコワーキングスペースSEGMaker(賽格衆創空間)は、電化街入り口の高層ビルにあります。ここも中国国内外からプロジェックトチームがあつまりスタートアップを目指しています。茂田 カツノリさんが、こちらと周辺の電化街を案内してくださいました。広い電化街は、怪しいコピー商品の店も多いのですが、マニアックなパーツなども手に入るそうで。あとスマホ周辺の備品などの便利グッズも多かったです。

IMG_2738 図20

SEGのコワーキングオフィスには日本枠も5席確保されていました。SEGのYeepingさんは、とても元気でパワフルな方。香港出身でメディアの記者をしていらしたそう。「私たちは0から新しいものを生むのはまだ無理だけど、1を少しずつ変化させて10を作り上げていくのは得意」との事。

図23

IMG_2820

図25

↑こちらは アクセラレーションセンターHAX。HAXは、製造業だけでなく、ライフサイエンスやIT,モバイル技術を使ったビジネスや食品関連など幅広いプロジェクトが集まっています。とても賢そうなAnanさんのプレゼンを聞きました。「あなたはどこ(の国)から来ましたか?」の質問にAnanさんは少し首をかしげ「My identity is India」と答えられたのが印象的でした。ナショナリティではなく。きっと、「どこの国の人か」というのは、国籍や人種、生まれ育った場所などが複雑なグローバル社会の中では難しい質問なのかもしれないと感じました。

IMG_2838 IMG_2828

 ツアーでお世話になった、伊藤 亜聖さん、MJさん、そして高須さんたちのプレゼンも聞きました。マレーシア出身のMJさんは、「高校を卒業して大学に行ったら間に合わない。早くビジネスをスタートしたい」という思いで高校を中退して深圳に来られたとか。毎日朝6時から夜の11時まで部品のショップオーナの仕事で仕入れ・販売等をして働いているそう。深圳に来て7年目でようやく軌道に乗りだしたそうです。

英語ですが、高須さんが、「なぜ深圳が凄いか」をyoutubeにアップしてくださっています。

高須 正和さんのWhy Shenzhen is Amazing in the Maker Movement ↓

Shenzhen as Innovation City Asei Ito 伊藤亜聖↓

F49BF793-DC51-4CCC-B9A8-75308C6E6A6D-240-00000007E83729D1_tmp

 懇親会の風景。Yeepingさんに、WeChat(微信)Payvを使ったゲーム(勝ったら電子マネーが入る)などを教えてもらい、盛り上がりました。スマホでワリカンや賞金をかけたゲームができるだなんて、驚きです! 

最後に、深圳ツアーに誘ってくれた、ハッカースペースジャパンの藤原くん、横でプロの解説をしてくれた、ライターの、ののちゃん、そして現地でお会いした大勢の皆様に感謝です。

ここに書ききれなかった、ビックリ深圳?は、12月に続きとしてブログにアップ予定です。

内定者お食事会とアイ&ピー・キューブ結成会、徳島・淡路・福井ロケといろいろあった近況報告

今月は素晴らしい景色の中でインバウンド用の映像を撮影させていただきました。出来ましたら、またご報告させていただきます!驚くほどの晴天。ロケの神様、ありがとう(^^)/

IMG_1768 IMG_1822 IMG_2137  出演者・技術陣、そして張ディレクター めちゃくちゃハードなスケジュールの中、頑張ってくれました。また取材先の方々の多大なご協力に感謝です。作品がアップされるのが楽しみです。

 IMG_2967 ↑さて、来年はピーキューブにまた新入社員が入ってきます。とてもキュートで頑張り屋さんの女性。もうすでに、いくつかの仕事手伝ってもらってるし、即戦力。そして新しい企画も現在考えちう。めちゃ楽しみ~~~。そしてますます女子率がアップ・・・

IMG_3106↑こちらは、アイ&Pキューブプロジェクトの発足式。リクルート時代の同期の広野さんが社長をつとめるアイ・キューブと、弊社ピーキューブが「なんかやろうぜ!」という事で決起集会をしました。お互いの強みを生かして、いろんなコラボが出来たらいいなぁ~~名前も似てるし、楽しみです!

IMG_3207 IMG_3216↑こちらは、30年前に神戸の街を盛り上げるべく立ち上がった学生(当時)の同窓会。神戸港に沈めた30年前のタイムカプセルを引き上げたら中にビデオテープが!私は初期のIYY(国際青年年)の立ち上げで1年ちょっとの参加だったのですが、当時、私たち学生を担当してくださった神戸市役所の小野さんが、全く当時と変わってなくて、さらにビックリです。この時、サンテレビの深夜の30分番組を3か月間(13本!)作らせていただいた経験が、今の仕事に結びついたともいえるのです。本当にありがたいです。

GPTempDownload2こちらは大好きな、岡本太郎さんの記念館に行ったときの様子。Gopro6で撮影しました~~ (^^) 

IMG_1361そして、こちらのイケメンは、私のイトコの基一くんです (^o^) 昔はヤンチャさんだったのですが(お互い)大人になりました。中学校時代は同じ塾で「W池田はうるさい!お前ら親戚か!」と先生に怒られました。

親戚の中にはたまにブログを見てくださっている方がいるようでして。。

以上、駆け足の近況報告でした。FBには書いてるんだけど、すっかり忘れがちになるブログ。