東京出張 (^^) いろいろ刺激的でした~

東京出張に行ってまいりました! まずは東京ビッグサイトで開催されていた、Japan IT Week.「越境EC」つまり、海外への通販のセミナーに参加してきました。これがまた面白いのですが内容についていくのが大変!(@@;) 頭がウニになりました。横にいた奥田くんは、ウンウンうなづきながら聞いていたので、ちょっと安心。すごく今、ホットでエキサイティングなジャンルです

IMG_1712 IMG_1708

 

その後、町田にある「アンコール・トム」というカンボジア料理屋さんにて、オーナーのペン・セタリンさん(Penn Setharin: カンボジア出身)にお会いしました!ものすごく有名な方で、カンボジアと日本を繋ぐキーマン。小説「アンコールワットの青い空の下で」の著者で、今この本の映画化の話もあるとか。
 カンボジアで番組制作会社を立ち上げられる、米田さんの話も、すごく親身になって聞いていただき、喜んでいただけました。2時間以上も話が盛り上がり、感激です!気さくな明るい方で驚きました。もちろん、お料理もおいしかったです(^o^)

FullSizeRender  IMG_1723

夜は、ドクターシーラボの、大友さんと、中国市場の話で盛り上がりました!日本のいいものをぜひ海外に広めたいです (^^)/ わたくし、今ドクターシーラボさんの「美禅食」でダイエット中です。1ヶ月で3キロやせ、化粧品までいただいてしまいました(^^;) 美肌もめざします!

インバウンド業界のドン的存在「やまとごころ」村山社長にも、ひさしぶりにお会いし、著書をいただきました(^o^) 勉強させていただきます。

IMG_1740 IMG_9913

JTBさんでは、去年の事業のお礼と、情報交換。そしてピーキューブからのご提案。こちらも興味を持って聞いていただきました。また、今年度も何かご一緒できるといいのですが。

IMG_1750

LINEさんでは、お仕事させていただいて、まる1年になるのでお礼とご提案を少々。なんといっても、ここの社内は楽しいので、はしゃいでしまいました。 今後は海外のPRの案件も提案できそうな予感 (^^) 

 

 IMG_9908 IMG_9905  IMG_1756 IMG_1755    

さて、帰る前に YouTube Space Tokyoクリエーターズカフェへ。
YouTube パートナーで一定の条件に合えば入れるのですが、ここでなんと、カリスマyoutuberシャーラさんに遭遇!感動でした! 一度番組で紹介させていただいた事があったのです。そのときは中林がメールでやりとりしただけだったんですが、リアルにお会いできて感激!また、リクルート時代の同期、松本君ともひさびさひ再会し、東京タワーをつまんじゃいました(^o^)

IMG_9947IMG_9943

忙しかったですが、めちゃくちゃ実りある東京出張。たまには東京も行かないとダメですね。

カンボジア勉強会に参加しました

 皆さん、こんにちは。ピー・キューブの孫です。ピー・キューブに入社してからもう五ヶ月目です。ビックリ日本の撮影や会社のほかのロケや事業にどんどん参加してきて、毎日充実しています。皆さんも元気にやっていますか。

 

先週の金曜日、5月8日に「5ENG社長米田宏行さんがピー・キューブにいらっしゃって、カンボジア王国のメディア事情についていろいろ説明してくださいました。とても面白そうな国のようで、しかも、すごく大きな潜在力が秘められているようです。

3416

カンボジアは東南アジアに位置し、ベトナムとラオスとタイの間にあります。とても静かな国のようで、ニュースでもネットの記事でもカンボジアの情報はあまり見かけられません。どんな国なのか、今まで全然知りませんでした。

IMG_1109 IMG_1110

カンボジアのお金もお土産で頂きました!!  日本円にしたら三円くらいみたいです

米田宏行さんからカンボジアの事情を聞いていると、ところどころ昔の中国の姿と重なっているような感じがしました。町の風景物価の安さ人々のまだまだ緩やかな生活そして仕事や事業に対するアバウトな態度、もうほとんど昔の中国の姿です。すごく興味を持ちはじめました。

3421

米田宏行さんの話によると、カンボジア国内のテレビ局や映像制作会社などの技術がまだまだ未熟のようで、そこに大きなビジネスチャンスが秘められていると言うのです。そして、この米田さんの話を聞いてすぐさま、上司の小山さん(ピーキューブで一番映像制作経験の長い方)が私に突っ込みました。「映像制作が未熟なカンボジア王国に、映像制作が未熟な私が行ったらすごいディレクターになれるで!」と、ここで一気に皆さん爆笑。「そうやん、行ったらええやん」という声が飛び交いました。複雑な心境でした

どうしたら今のカンボジアが秘めているビジネスチャンスを引き出せるのか、自分も必死に考えました。思いついたのは、20~30年前の中国経済がまだ発展していないの頃のことです。日本企業が中国でいろんな広告手段を使い、当時の中国人がまだ買えるはすの無い物の宣伝をしていました。例えば自家用車とか。ところが、当時の若者に植えつけた宣伝効果が10~20年たって利き始めたのです。当時の若者達は大人になって経済的余裕が出来たころに、日本産の自家用車を買い求めたのです。今時代はだいぶ変わりましたけど、これを啓発にして何かの方法で私達はカンボジアにアプローチできないのかと提案しました。

 

可能性で溢れるカンボジア王国に対して、勉強会の参加した皆さんも興味津々。これからカンボジア王国ともっとたくさんの交流ができますよう皆さんと一緒に頑張りたいと思いました。

 米田宏行さんのカンボジア勉強会で本当にいろいろ勉強になりました !

ありがとうございました!