初めてのインターンシップ

みなさん、こんにちは。中国の福建省からの陳です。2018年3月9日から3月16日まで、6日間のインターンシップに参加させていただきました。初めてのインターンシップなのでドキドキしていました。

初めての日に地図を見ても会社を見つけてなく迷子になってしまった。社員の方が迎えてくれてすごくありがたいです。ギリギリ10時前に到着してホットしました。会社の構造も教えてくれました。面白いのはまた小さなキッチンがあって、さらに二段ベッドも設置しています。社長は女性でニコニコの笑顔、みんなは私服で、自分のことを夢中しながら、たまに隣の社員と交流する時の笑い声などは快適な雰囲気のオフィスだと思いました。 :mrgreen:

初日には「ビックリ日本」を見ながら、ネタを考え始めました。40個ぐらい考えましたが、プライバシーなど制限がありますし、ストーリーが作れないし、自分も一週間しかないので、結局二つの映像をしました。(´;ω;`)ウゥゥ

一つ目はSENKAさんから勧められたジェスチャーというテーマです。ジェスチャーを調べると、国と地方によって違うのが面白かったです。こちらの方の出演はあまり台詞がないので、まあまあ行けました。

图片3

二つ目は「せやな」という関西弁です。「せやな」を調べると、いつも使っている「そうですか」の意味以外に、たくさんの使い方があることが知りました。どう視聴者に説明するのか、ストーリーと台詞を考えました。でもいざ出演すると、がなかなかうまくできませんでした。特に最初の台詞ですが、中国語なのに、そんなに長くないのに、緊張しすぎて、SENKAさんが「緊張しないで、普通に話していいよ、頑張って」とすごく励ましてくれたのですが、どうしてもできてなかったです。 😥 でも途中からはSENKAさんが励ますことで、少し慣れてきて、前よりましでした。SENKAさんの撮影の自然さを見て、感心しました。なんかSENKAさんのおかげで少し撮影が好きになり、勉強になりました。8-)

图片2 (1)

ピーキューブのインターンシップには一番辛かったのはリポーターの出演です。内気の私にとっては挑戦でした。本当にいい経験になりました。この6日間ピーキューブの人と出会って、一緒にご飯を食べたり、就職の話を相談したりすることが楽しかったです!6日間お世話になり、誠にありがとうございました。 😳  😳  😳

图片4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です